親しい友人が薄毛になってきたことによる心境の変化!

結婚して何年か経った頃の話です。

家族ぐるみで仲良くしている男性の友人がいました。

その男性の友人はとても明るい性格で、話をしているだけでこちらも心から楽しい時間を過ごすことができ、会うことが毎回楽しみになるような友人のひとりでした。

その男性の友人との家族ぐるみの付き合いも何年か経ったころ、その友人を見るたびに髪の頭頂部がだんだんと薄くなっているのを感じていました。

そのことに気が付いてからは、直接言ったほうがその友人のためなのかどうなのかといった葛藤がありました。

ですが、親しい間柄なので勇気を出して言うことにしました。

薄毛になってきたことをその友人に伝えたところ、その友人も自覚しておりそのことで悩んでいるとのことでした。

また、髪を思い切って剃った方が今後のためにはいいのかなど、髪についてさまざまな話を包み隠さずに話すことにしました。

包み隠さずすべてを話すことができ、またさらに親しい関係になれたような気がします。

薄毛で悩んでいるとのことだったので、もともと明るい友人がそのことで暗くなっては嫌だなと思い地元札幌のはげ治療クリニックを探したり自分のできる限りのアドバイスを行いました。

そうこうしてその男性の友人は、思い切って髪を剃ってスッキリとした印象になっていました。

友人らしく、薄毛で悩まないでいいように思い切って剃ってみたとのことでした。

薄毛になってしまっても、変わらずに明るく接してくれ、今までと分からない明るい友人のままで楽しい時間を過ごすことができているのですべてをさらけ出してありのままを話し合うことができて本当によかったなと思った体験でした。